私たちのこだわり

一切の妥協は許さない射場石利石材の「十の約束」
  • 「ささいなこと」をおろそかにいたしません。
  • 少し余分に努力することを惜しみません。
  • しつこい勧誘は一切いたしません。
  • 値引きを前提とした価格設定をいたしません。
  • ご施主様と駆け引きをしようという気持ちはありません。
  • 同じものなのに「人によって支払額が違う」ということはありません。
  • ご先祖様の名にかけて、売りっぱなしにはいたしません。
  • たとえ利益があがっても、品質の良くない商品は扱いません。
  • 量より質。つまりあまり多くのお墓を建てられません。
  • 競争ではなく精進。競合店からは学びます。

私たちは石の職人

どんな石を使ってどんな加工をすれば、お施主様の希望するお墓に仕上がり、末長く機能しつづけるのか。
私たちは石の職人。そこにはいつも、こだわりがある。
創業より6代に渡り継承してきた加工技術、そして、射場石利の信条。
あせることのない魅力と輝きを生み出すため、職人たちは今日も石を叩く。

玉磨かざれば、光なし

石材品として、美しい光沢を放つ銘石も、もとは目の粗く、無数の凹凸を持った原石。
ダイヤモンドの工具で、寸法どおりに切り出した後、そこから計8度にも及ぶ研磨を施す。
荒研、中研、本研磨、その段階ごとに輝きは増し、やがて鏡のような光を放つ滑らかな肌が顕わになる。
何度も何度も丹念に磨くことで生まれた、品位と重厚感。
いかに美しい宝石も、磨かなければ美しいきらめきを得ることはできない。
ゆっくりと時間をかけて変化を遂げる石という宝、それは本物の輝きを生み出す石工たちの手腕にも似ている。

石に触れ、石の心を知る

従来は、のみやタタキ、ビシャンなどと呼ばれる工具で少しずつ加工されてきた石材も、現在では、電動工具を用いることが多くなった。
しかし、射場石利の職人は、日頃から仕事以外でも、石打ちの鍛錬を重ね、石と向かい合う機会を惜しまない。
石の割れやすい方向である「目」などの性質を知るには、直に石に触れ、手で石を加工する経験が欠かせないからだ。
慣れた手つきで、「カチン、カチン」と軽やかな音を響かせ、勘を頼りに見事な鏡面を作り出してゆく。
たとえ、機械を使うにしても、石のことを理解したうえでなければ、心の通じた石材品は生み出せない。
300年の気風は、確実に石工たちに受け継がれている。

石に込められた、不変の想い

古くから人々は、墓や住居の門柱や石張り、寺社仏閣の石碑など、様々なシーンで石を用いてきた。
それらの多くは、現在もそのままの姿を今に伝える。
中には時と共に、美しさを増す石もある
何百年も先まで残る仕事、石材加工。
「いつまでも不変であってほしい」という想いを石に込めて、石工たちはのみを振るう。
いつまでも愛される存在として、そして、いつまでも変わらぬ品格を――。

射場石利の職人 射場 秀之(一級石材施工技能士)

「お施主様のために、真心を込めた丁寧な仕事を心掛けています。
石の種類や特徴、施工方法だけでなく、宗教や仏事などについても、あなたが納得するまでわかりやすくご説明致します。」

石材加工一筋、18年の石工。石の性質を熟知することで、200kgある石も1人で動かす。
「石を知らねば、石工の仕事はできません。」誠実な眼差しの先には、百年先の石の姿が映っている。